結局、歯の矯正にはどのくらい費用がかかる?

トータルフィー制の料金形態

歯の矯正には大きく分けてふたつの料金形態があります。トータルフィー制は歯科医院によって、総額制度、または定額制度ともいわれます。治療費に幾らかかるか、トータルの費用を治療前に提示されるタイプです。料金は歯科矯正用の装置、治療(調整)費、治療を終えたあとをサポートする保定装置費が含まれた金額になります。トータルフィー制は原則として、最初に提示された料金から増減することはありません。
治療の期間が長期化しても増額することはなく、また短期間で治療が終了しても減額することもありません。最初から必要な費用が確定してるので、支払い計画も立てやすく、安心感のある料金プランです。歯の矯正は通常1年以上かかるので、安心して治療に取り組めるのは重要ですよね。

処置料金別払いプラン

処置料金別払いプランとは、矯正治療の項目ごとに料金が決まっている料金制度です。矯正用の装置、基本料金、治療(調整)料金などがそれぞれの値段設定がされています。たとえば治療開始前に矯正用の装置や基本料金の契約をしますが、その後の通院で行う装置の調整や治療に別途料金が発生します。
この料金プランは一般的に治療期間が短い人に向いているといえます。なぜなら治療が長期化し、通院回数がのびるとその増えた回数分支払う必要があるからです。通院回数が少ないとその分処置料金が減るので、最初から定額のトータルフィー制よりお得になります。
多くの歯科医院では、トータルフィー制より様子を見ながら料金を決めていける処置料金別払いプランのほうが広く利用されています。