歯の矯正、どんな方法がある?

歯の矯正、金属、審美、セルフフライゲーションブラケット

歯並びを綺麗にしたい、でも大きな金属を付けるといろいろと億劫になってしまうこともありますが、最近の歯の矯正って目立たない装置や、治療法が誕生しています。金属ブラケット矯正は歯の表側に接着する装置で、金属製でできてるんです。これは矯正でもポピュラーな方法で、強制と聞くとこれをイメージされる人も多いと思います。
セルフライゲーションブラケットは表側矯正装置より、ワイヤー、ブラケットの摩擦力を抑えられて作られています。この結果に繋がるのが痛みの軽減や、治療をする際にやりやすいとのことです。審美ブラケットは目立たない矯正として知られていると思いますが、白、透明色などを使用して見えにくくしますが、装置自体は見えるようです。

歯の矯正、マウスピース、裏側矯正、ハーフリンガル

歯の矯正にはまだまだ他にも種類があり、その中でもマウスピース矯正と呼ばれるものがあります。これはワイヤー、ブラケットを使わないで矯正するようですが、透明で薄くできたマウスピースを用いて歯を動かしていくようです。
次に裏側矯正という方法は歯の裏側に装置をつけるブラケットで、表からは当然見えにくくなっているので、歯の矯正をしているのが目立たないメリットがあります。
また特殊な装置ということなので、それなりに歯科医師として熟練された方にしかできないようです。最後にハーフリンガル矯正ですが、これは表側矯正と裏側矯正を併用しいて行う治療になっています。上あごの歯を裏側に、下あごの歯を表側にして装置をつけるようです。