歯の矯正中に気をつけておきたいこと

とにかく虫歯にならないように気を付けて!

歯科矯正は何らかの装置を歯に取り付けているので、通常よりも口内で唾液が行き渡りづらく、虫歯になりやすい状態です。更にマウスピース型ではなく歯に直接装着しているタイプでは、細かい磨き残しなどに繋がるため徹底した歯磨きを心がけないといけません。
虫歯になってしまうと歯科矯正の治療は中断しますし、最悪の場合、施術の方法を一から変えなければならないこともあり得ます。矯正によって歯や顎が痛むことも多いですし、磨き方も工夫をしなければならずついつい歯磨きが面倒だと思いがちですが、絶対に疎かにしてはいけません。デンタルフロスや歯間ブラシ、あるいは口をゆすぐタイプの歯磨き剤などをうまく活用して、虫歯が繁殖しづらい環境をキープするように心がけましょう。

食べない方がいいものがあるんです

歯に取り付けた矯正装置はきちんと固定されていますが、それでもふとした瞬間に外れてしまう危険性があります。実はその危険性が特に高いのは食べ物を食べた時です。気を付けたい食べ物としては「弾力性・粘着性の高いガムやキャラメルなど」が該当します。ついつい口寂しくなるので口にしたくなりますが、装置にくっついてしまうとなかなか取れません。更に取れたと思ってもカスが残り、虫歯のリスクにもつながってしまうのです。
また「フランスパンやおせんべいなど固いもの」を食べる時も注意が必要で、小さ目のものをしっかりと咀嚼すると良いでしょう。かぶりつきたい気持ちもあるとは思いますが、ちぎる、あるいは切り分けるなどして小さな状態のものを口に入れてください。
なお、万が一、装置が取れてしまったらすぐに歯科医院に連絡をいれて直してもらいましょう。